乳首の黒ずみは美白できるのか試してみた体験談

 

乳首の色が黒いのがつらいことで悩む女性は多いです。

 

乳首や乳輪の色が黒い女は女性経験が豊富!
本気の女としては見れないから遊び!

 

こんなことを言われて気づくつ経験をしている人はいます。

 

実際の所、乳首の色が黒い原因は黒ずみなので、シミと同じで肌への刺激が関係をしています。
そのため、関係のない話ではあります。

 

しかし、一般的にそう言われている限り実際の原因は関係がなくても、彼氏や異性だけでなく同性でさえの考えていることは違ってきます。
本当の事実が大事なのではなく、どう見られているかを気にしなければなりません。

 

最近では乳首にも使えるように低刺激となった、黒ずみを美白するクリームがTVでも紹介されるようになりました。
そのため、実際に乳首の黒ずみクリームを使ったみたので、その体験談を紹介しています。

 

乳首の黒ずみに美白クリームを使おうと決意しました

 

わたしはもともと乳首の色が黒いです。

 

周りはキレイなピンクをしていたりするのに、わたしは違う・・・。
就学旅行のお風呂も恥ずかしかったですし、プールの時間なんて水着に着替えるのなんて嫌でした。

 

今までに付き合ったことはあるけど、黒い色をした乳首を見られるのが嫌で拒絶をしてしまい、それが原因で別れてしまったこともあります。

 

どうしようもないんだからあきらめなければと思っていたのですが、そのままだらだらと今に至ります。
けど、どうしても乳首の色を薄くしたいと思う出来事が発生しました。

 

温泉旅行へ行くのに色が黒いのが心配

 

3ヶ月後に会社の付き合いで温泉旅行に行くことに・・・。

 

同僚と温泉へ行かなければならないんです。
乳首が黒い女は経験の多い女って世間一般的には思っているみたいで、心配でしょうがないです。

 

今までに二人としか付き合ったことがある訳でもなく、経験が多いなんてことはないはずです。
そもそも初体験の前から黒いので全く経験人数は関係ないのは実際に体験しているから分かります。

 

でも周りにどんな風に思われるか?噂になったりするのではないか?
色々と心配になっていたところに乳首の美白クリームがあるのを知りました。

 

本当に効果なんてあるの??

 

疑いの気持ちは大きかったのですが、わらにもすがる思いで試してみることにしました。

 

乳首の色を薄くする為に使った美白クリーム

 

わたしが使った美白クリームはホワイトラグジュアリープレミアムと呼ばれるのです。

 

乳首の色を薄くしたいと思っていたときに色々と参考にしていたサイトで紹介がされていたので利用してみることにしました。
色々なランキングサイトに掲載がされていて人気があるクリームみたいです。

 

社会人になりたてのわたしからしたら5,980円したので決して安い金額ではなかったです。
化粧品も安いのを使ってるわたしからしたら大きな出費です。

 

ただ、乳首の色を考えるとそんなこと言ってられない。
乳首の美白クリームって乳首に付けることができるように低刺激に作られているからどれも5000円程度はするんですよね。

 

安いのも販売されていたりするみたいですけど、色を上から付けて着色するだけみたいで全く意味がない。
評判の悪いのも沢山ありました。

 

それならケチって無駄にするぐらいなら最初から良い物を使って美白をしていきたいと思ったんです。
これで効き目がないならあきらめることができると思いますからね。

 

口周りや陰部の黒ずみにも使えるクリーム

 

乳首に使える用に作られている「黒ずみクリーム」は全身に使えるのが多いです。

 

そのため、口周りの黒ずみや陰部の黒ずみなど、合わせて黒ずんでいる箇所があれば同時に使うこともできます。
もともと私が使おうと思ったクリームも、口周りの黒ずみに悩んでいた友人に勧められたクリームでした。

 

いくつか使ったみたいで、その中で効果を感じることができたと絶賛をしていたので、使う箇所は私と違いますが駄目元で選んでみたのがきっかけです。
結論から言うと部位には関係なく、私も効き目を実感でき満足することができました。

 

口周りの黒ずみクリームを実際に使って比較!口周りを美白したいならコレ!

いくつか評判が良いのも種類があるので、実際に使った上で比較されているサイトを参考にするのがおすすめです。

 

私が選んだクリームであれば、友人が絶賛していたのと下記の比較サイトを確認した時も評判が良いようだったので選びました。
黒ずみクリームを選ぶときには参考にしてみるのをおすすめします。

 

黒ずみの参考サイト:口周りの黒ずみクリームを実際に使って比較!口周りを美白したいならコレ!

 

乳首の色を薄くする体験談。どうなるわたしの黒乳首

 

早速、ホワイトラグジュアリープレミアムが届いたの使ってみることにしました。
別の記事に使ってみた体験談の詳細を紹介していますので、詳しくは各記事をご覧ください。

 

当日、1週間、3週間、1ヶ月と変化を感じたり日ごとにまとめて紹介しています。

 

  1. 乳首の美白クリームを使ってみた体験談!私が黒ずみクリームを選んだ理由
  2. ホワイトラグジュアリーの効果は乳首の色に効き目はない?
  3. 乳首の美白効果を感じはじめました
  4. 1ヶ月乳首の美白クリームを使い終えてみた感想

 

正直、最初は全く乳首の色に変化なんておきないじゃんとガッカリしました。
すぐに美白できるなんて思ってはいないけど、なんらかしらの兆候が起きても良いのじゃないかと・・・

 

でも、せっかく手元にあるのだから使い切るまではと思い毎日乳首に塗るようにしていました。

 

3週間ぐらいたった頃にもしかして効果があらわれているかもと思うようになりはじめました。
最終的には効き目がでてるのを実感することができました。

 

本当に嬉しかったです。もうそろそろ1本目の乳首の美白クリームもなくなってきたので、次のを使う準備をしています。

 

慰安旅行までにどの程度、乳首の色を薄くすることができるのかはわからないです。
でも、希望が見えてきました。今ではもっと早く調べたりして何で使っていなかったのだと後悔しています。

 

乳首の黒ずみは予防が大切

 

乳首の黒ずみをうすくしてピンクにしたいので専用のクリームを使うだけでは足りません。
予防も必要となります。

 

黒ずみ用のクリームでケアをすることで肌のターンオーバーを促しm黒くなる原因であるメラニンを解消させることはできます。

 

しかし、黒くならないように予防をしておかなければ解消しても新しく分泌したメラニンが沈着をしてしまい、いっこうに良くならないなんてことにもなりかねないです。

 

色を更に黒くしないために予防を行いつつ、ピンクに改善をしていかなければならないのですね。

 

黒ずみの予防は簡単!美白と原因の解消

 

予防といっても特別大変なことをしなければいけない訳ではありません。乳首が黒ずむ原因は刺激によって、からだの中の肌の断層であるメラノサイトがメラニンを分泌して、肌に皮膚に沈着してしまうことです。

 

そのため、大事なのはターンオーバーと刺激を与えないこととなります。

 

肌のターンオーバーをうながすことによって、メラニンが古くなった皮膚の細胞である角質や垢などと一緒に体外に排出することができるようになります。メラニンが沈着して残ってしまうのを防ぐことができるのですね。
また、メラニンの分泌を抑えるようにするためには刺激を与えないようにすることが必用となります。

 

刺激が与えられることによって、肌を守ろうとメラノサイトがメラニンを過剰に分泌するようにするのですが、多くの分量が分泌されればそれがけ沈着する可能性も上がるので色が黒くなってしまいます。

 

刺激を与えないようにするためにはあなたにあったブラジャーをつけることが必用となります。

 

パカパカであったりすると擦れることによる摩擦などによって刺激が与えられてしまうので、ぴったりのものを利用するようにしましょう。

 

予防と黒ずみのケアには医薬部外品のクリーム!美白と保湿と美容成分の補給

 

予防をすることで色が黒くなるのを防ぎます。しかし、これではもともと黒くなっている原因を解消することはできていないので色が濃くならずともピンク色にすることもできません。

 

そのため、解消するためにもクリームを使ったケアが必要となります。

 

黒ずみの原因であるメラニンを体内から排泄させなければいけないので、予防と同じようにターンオーバーを促すのことが必要となります。また、美白効果のある成分によって、メラニンの解消を行う必要があります。

 

それができるのが乳首の黒ずみ解消クリームです。

 

美白成分と肌のターンオーバーを促すために保湿成分、メラニンを分泌するメラノサイトまで成分を浸透させる成分。
これら3つの役割を持った成分が配合されたクリームを使うと効果的です。

 

乳首に塗るためにつくられているクリームなのでハイドロキノンやトレチノインなどの成分を配合していることはほとんどありません。
ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれている優れた成分ではあるのですが、刺激の強い成分なので余計に黒ずむことにもなりかねないのですね。

 

美白化粧品には乳首に塗るためにつくられている訳ではないので、刺激のある成分が配合されていることもあり、色が余計に黒くなることもあるので、乳首には使用しないように注意してください。